デザイン見本のあれこれ

デザインに迷ったときは

名古屋市東区のポーセラーツ・ポーセリンアート教室merrystyle(メリースタイル)です。

 

ポーセラーツはもちろん、ハンドメイド好きの方って、

好奇心旺盛な方が多いように感じます。

 

なので、日ごろからいろんなデザインに観て触れていたり、

美術館や本、調べものすることが好きだったり、

無意識のうちにやってることが多いと思いますが、

 

ジャンル問わず、

いろんなデザインに見て触れることって大切ですよね。

 

イメージが拡がってワクワクしたり、

創作意欲を掻き立てられたり、

自分の好きや価値観を改めて感じたり。

 

ということで、

私がよく見本にしているものをまとめてみました。

 

【完全保存版】ポーセラーツカリキュラム作品のデザイン事例集まとめ

まずは、先日私も紹介していただいた、ハンドメイド女子ご用達!
「女子クリエ」。

私がインストラクターコースを受けているときからよく参考にさせていただきました。

カリキュラムごとにまとめてあって見やすいので、

インストラクターコースで通われている方にもよくご紹介しています。

 

●続いては、「ポーセラーツ ○○」で画像検索。 定番ですね。

マグカップ、ティーセットなどの白磁の形や、

花、鳥、和柄…などのパーツやイメージなどをプラスして。

下絵を探したいときは、キーワードそのもので画像検索したり、

「○○ シルエット」 もよく使います。

 

●ネット関連なら、他の作家さん、インストラクターさんのHPやブログもとても勉強させていただけます。

作品のデザインはもちろん、写真の撮り方とか、作品やレッスンへの想いや姿勢とかも。

HPそのもののデザインも、ですね。

 

●送られてくるチラシや冊子。

ちょっとおしゃれなチラシや会報誌などは表紙はもちろん、挿絵や写真も。

 

 

検索して、自分のフィルタを通して見本を探すよりも、

送られてきたものを意識的に見ることで、

自分にはなかった新しい視点を得やすいアイテムだと思います。

 

●美術館、○○展

アーティスト、職人、プロのセンスやこだわりに触れられて、理屈抜きで刺激をもらえる機会。

他の見本に比べて直接的ではないけれど、大きな影響を受けることも。

 

●ハンドメイド系イベント

私が以前からよく行くのが、クリエイターズマーケット

様々なジャンルの、目線の近いクリエイターさんたちと

触れ合えたり、実際の作品を手にとって見られるのも刺激大!だし、

仕事にしている人、していきたい人なら、出展してお客さんの生の反応や声をいただくのも大きな経験に。

交流や視野やどんどん拡がる可能性も他に比べて大きいと思います。

 

●本

やはりポーセラーツと言えば、このあたりがとても刺激的で魅力的なのですが。

図説 英国ティーカップの歴史 —紅茶でよみとくイギリス史 (ふくろうの本/世界の文化)

貴族もおもてなしできる 英国スタイルのテーブルコーディネート

英国のテーブルウェア:アンティーク&ヴィンテージ

私が好きなのはこちら。

はじめてのゼンタングル

Mehndi design book 天然染料ヘナで彩るボディアート

心を癒す大人のスクラッチアート『花曼荼羅インド文様』

 

●あと、最近すごく参考になると感じているのがネイルアート。

これ、デザインだけじゃなく技術面でも参考になることが多いなと感じています。

私はネイルはしませんが、YouTubeなどの動画も、めっちゃ興味津々に見るようになりました(笑)

 

私がよく見本にしたり、ついついポーセラーツに絡めてみてしまうのがこのあたりですが、

好きなものにアンテナを張っていれば、ジャンル問わず、どんなものも見本になると思っています。

まだまだ、知らない視点、知らない世界がたくさんありそうです( *´艸`)