デザインセンスを磨く3つのポイント

デザインに迷ったときは

名古屋市東区のポーセラーツ・ポーセリンアート教室merrystyle(メリースタイル)です。

 

これまでは、

「デザイン決まらな~い!」

と迷ったときに、

その場でデザインに繋がるテーマで

お届けしてきましたが、

 

今回は、ちょっと視点を変えて、

もっと根本的なところを書いてみようと思います。

 

ということで、

今すぐデザインには繋がらないかもしれないけれど、

意識しておくと格段に変わってくること。

 

「センスを磨く」についてです。

 

センスがいいとか悪いとか、ハイセンスとか、よく使いますね。

 

そもそも、センスとはなんぞや? って、意味を確認したことありますか?

 

センス(sense)の言葉の意味を調べてみると、

 

英語で五感の意味。

転じて、美的感覚や感性のこと。才能と似た意味である。

(wikipediaより引用)

 

と出てきます。

 

噛み砕いていくと、

 

五感は

人が(外の世界から)刺激を受けたときに、

自分の内側に沸き起こる感覚。

 

そして、この感覚は、人によって異なるものなので、

その人が持つ感性に起因します。

 

ということは、ね。

 

一言でいうと、

センスとは、 何を感じているか? ということ。

 

「センスを磨く」とは、

「感じる力を磨くこと」 なんです。

 

 

ここまでくると、イメージしやすいんじゃないかな。

 

じゃあ、感じる力を磨いて、センスアップを図るにはどうしたらいいのか?

という視点に立てるようになりますよね。

 

では、ここで今日の本題 <センスを磨く3つのポイント> にいきましょう♪

 

①インプットすること

たくさんの作品やデザインを見て、作り手の想いや意図に触れて、

たくさん「感じる」経験をして、引き出しを増やします。

 

②自分の感覚に意識を向けること

「私、今何を感じてる?」と、意識を自分の内面に向けることで、

受け取っている感覚を認識(顕在化)して、より感じやすく、より受け取りやすく、

増やした引き出しを意図的に使えるようにします。

 

③アウトプットすること

インプットして感じた感覚。

ここまでは、すべて感覚だけのお話、目に見えないお話です。

放っておくと、残念ながら忘れていってしまう状態。

しっかりと、この感覚を定着させるためには、目に見える形にするのが一番!

手を動かして経験するってことでもありますね。

●感じたことを絵や言葉にしてメモしておく

●作品の一部に取り入れてみる

 

そんな風に、目に見える形にしておくと、

②までしか行わなかったときよりも、

格段に自分のセンスを磨き、活かすことができますよ♪

 

この3つの基盤に裏打ちさらたものが「センス」です。

 

センスの話をすると、

「私はセンスがないから」とか、

「これってセンスが必要ですよね」なんて言われる方が多くいます。

 

「センスがいい」「センスがある」と言われるように、

先天的にそういった能力の高い人や、

感受性が豊かな資質を持ってる人も確かにいるかもしれません。

でも、たとえ個性の差はあったとしても、

センスは誰にでもあり、誰にでも磨けるもの。

人と比べて自分のセンスをジャッジするよりも、

「もっと感じたい」「もっと活かしたい」

そんな気持ちを大切にしてセンス磨きをした方が、

思い通りのセンスを手に入れることも、

納得いくデザイン作りをすることも、叶えられると思います。

 

最近よく思うのは、

「天才とは、1%のひらめきと99%の努力である」

トーマス・エジソンの名言ですが、

この「ひらめき」って、「センス」にも置き換えられると思うの。

 

wikiの言葉から、「才能」でもいいと思う。

 

この「99%の努力」に表わされるように、

センスが高くて努力しない人よりも、

たとえ今はセンスが高いとは言えなかったとしても、

センスを磨くためや、想いを形にするために動いた人の方がずっと、

素敵な人生と思い通りの結果を引き寄せられる。

 

もっと言うと、努力しない人はスタートラインにすら立てないと思うのね。

 

たとえセンスが100%あっても、努力が0%なら、結果は「0%」だし、

たとえセンスが1%でも、努力が100%なら、結果は「100%」になるもの。

 

で、さっきも書いた通り、センスは誰にでもあるもの。

「0%」はあり得ないの。

 

だから、

「私、センスないから…」

「私、不器用だから…」

って、今がどうじゃなく、

磨いたもん勝ち、動いたもん勝ち、じゃないかな。

 

それに、

ハンドメイドでする努力って、すごく楽しいものだと思うしね。

 

ということで!

 

デザインに迷うわ~って感じやすいあなた!

 

まずは センス磨き! 意識してみてくださいね♪