焼成お預かり中の作品がどうしているのか?

レッスンのこと

名古屋市東区のポーセラーツ・ポーセリンアート教室merrystyle(メリースタイル)です。

 

ポーセラーツの作品は焼成を行なうため、お作りいただいたその場でお渡し、お持ち帰りができません。

それは少し残念でもあり、焼き上がりの期待を膨らませてくれるものでもあります。

サロンさんによっては、1週間ほどお待ちいただくこともあれば、1~2日でお渡しいただけることもあります。

実際のところ、お預かり中の作品たちはどうしているのか?

 

なぜ時間がかかるのか?

お待ちいただいている間、作品たちがどんな流れで、どんなふうに過ごしているのか?

 

こちらの作品の制作工程を追いながら、その様子を公開しちゃいます( *´艸`)

 

【1】作品づくり

白磁に転写紙を貼ったり、絵の具で描いたり、

お好きなデザインでイメージを形にしていただく楽しい工程です♪

↓ ↓ ↓

こちらは転写紙を貼り終わった状態。

レッスンではここまでやっていただき、ここでお預かりします。

 

【2】乾燥

お預かりしたコたちは、まずは乾燥させます。

【1】で使った資材等によって異なりますが、早くて半日、場合によっては2日くらい乾燥させることも。

また、状況やインストラクターによって異なりますが、

電気炉の中は意外と広く、一度にたくさんの作品を焼成することが可能です。

一度焼き始めると時間もかかるので、前後のレッスン状況等によってまとめて焼成するために待つこともあります。

 

【3】作品チェック

焼成直前には、必ず最後のチェックを行ないます。

作成中に飛んでしまった転写紙や絵の具がないかどうかや、

無意識のうちに触れて転写紙のズレや絵の具が剥がれていないか。

また、乾燥させることで見えてくる気泡や液ダレなどがないかどうかなどなど、

これは、レッスン中やお預かり時にしていても、再度行ないます。

 

【4】焼成

チェックして問題がなければ、電気炉に入れていき、焼成スタートです♪

 

【5】焼き上がり

焼成が終わり電気炉から取り出せるのは、

機種によって多少の違いはありますが、約半日後です。

 

【6】作品チェック

予想外の結果に焼き上がることは稀にあります。

焼き上がった作品は、もう一度チェックをし、イメージ通りに焼き上がっているか、

修正が必要な箇所がないか、確認します。

 

【7】お渡しへ

ここまでの工程を経て、無事お渡しとなります。

超最短!で、翌日のお渡しが可能な場合もありますが、

多くの場合は2~3日はお時間がかかるものです。

 

また、必要に応じて次の作業へ進み、【1】~【7】を繰り返しますこともあります。

 

こちらの作品はお花の中心部にところどころ盛りをしており、

焼成後に金彩をして2回目の焼成を行ない、完成となりました。

 

ポーセラーツは、焼成をすることで転写紙や絵の具を白磁に焼き付けます。

 

焼成をしなければ、転写紙も絵の具も金も、触れば取れてしまいますし、

指紋がついたり手が汚れたりと、そのままお使いいただくことはできません。

 

その場で完成しすぐに使えるハンドメイドも楽しいですが、

時間をかけ、エネルギーをかけるからこそ得られる満足感を、ぜひぜひお楽しみください♡