【生徒さま作品】マリメッコ風のステンシル蓋物@インストラクターカリキュラム

生徒さま作品のご紹介

名古屋市東区のポーセラーツ・ポーセリンアート教室merrystyle(メリースタイル)です。

 

今日は、インストラクターコースで通われているYさんの

ステンシル蓋物、カリキュラム作品をご紹介します♪

 

 

こちらは、ステンシルカリキュラムの最初の作品です。

 

マリメッコの特徴をしっかりと表現され、

見ていてとても元気になる、かわいい仕上がりになりました♡

 

器のストライプもとてもきれいなラインが出ていて素敵です。

 

私は、生徒だったときの初めてステンシルシートをカットしたときのことをよく覚えています。

 

アートナイフでシルエットを切り抜くのですが、

切った感触はあったのに、半分しか切れていなくって…

意外に力のいる作業だわ…と感じた記憶があるんです(笑)

 

と言うと引かれてしまうかもしれませんが、

ステンシルの型取りは転写紙をカットするよりも

滑らかにナイフが動くので、とても気持ちよくカットできるんですよ♪

 

先日もカットワーク記事を書いた通り、ポーセラーツではアートナイフをよく使います。

こうしてカリキュラムを追って進んでいくと、アートナイフの扱いが着実に向上していて、

それが体感できる嬉しいカリキュラムでもあります( *´艸`)

 

上手くできるようにならなくっちゃ! なんて力まなくても、

カリキュラム作品を作りながら楽しんでいるうちに自然と技術が向上していく。

楽しくて、作りたくて、ついあれこれ作っているといつの間にかできなかったことができるようになっている。

 

これが、「努力」の本質的な部分なのだと思っています。

ポーセラーツやハンドメイドは、そんな自然の流れを感じさせてくれる素敵なアプローチです♡

 

Yさん、初のステンシル作品お疲れさまでした。